自社サイトからの反響ありますか?不動産仲介業のみなさまに聞いてみた

コラム

自社HPから反響ありますかと聞くと、驚くことに「アテにしてないからもうほとんどカウントしていない」「自社HPは基本的に名刺代わりのみ」という答えが合わせて過半数超えの約63%でした!

また、「月に数件」という答えが約20%、つまり約83%の方が自社HPで集客ができていないという回答でした。

みんさん集客はポータルサイトで、自社HPはほとんど運用していないというケースが大半を締めていました。これはポータルサイトが強い業界ならではの特徴で、美容業界などでも同じ現象が起きていきます。

逆にうまくいっている代表例は小売業。特にネットで大量に完結できる業界などは、HPでの集客に特化していて、最新の技術や工夫が盛り込まれ、HP上で接客からクロージングまでスムーズに行えるようになっています。

原因は大きく下記の2点が考えられます。

・ポータルサイトとの差が大きい点
・ユーザー設定がきちんとされていない点

ポータルサイトとの差は、物件数のみならず、見やすさ、使い易さも大いに関係しています。
不動産業界の自社HPはまだまだ使いにくいと感じるHPが非常に多いです。スマホ対応してないのは言わずもがな。物件検索ユーザーのサイト訪問目的も最初にきちんと設定するべきです。

なにも難しいことではなく、どんな属性のユーザーさんがWEB上でどんな動きをしているのか、
自社HPに何を求めているのか、考えると自ずと答えが見えてきます。

車もネットで買える時代に自社HPで集客ができないという衝撃の結果でした。

ホームページの変え時も、タイムリミットです。

90%のスマホユーザーを放置するのは勿体無い。スマホ対応しただけで満足していないはず。スマホファーストだからこそ出来るユーザーへのインパクトはこれからのホームページに必要です。

資料請求
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧